09.10.2020
Alive - My Soundtrack включает в себя интерпретации Дэвида Гэрретта замечательной кино-, теле- и игровой музыки. Он вовлекает нас в путешествие по захватывающему миру Голливуда, при этом не забывая о своих классических корнях. Новый альбом содержит в себе 16 треков на стандартном CD и 24 трека на двойном CD делюкс-версии. В скором времени в своих соц.сетях Дэвид раскроет полный список композиций
Вверх страницы

Вниз страницы

DAVID GARRETT RUSSIAN FORUM

Информация о пользователе

Привет, Гость! Войдите или зарегистрируйтесь.


Вы здесь » DAVID GARRETT RUSSIAN FORUM » Showcases/Festivals/Promo/Live gigs » 09.04.2007 Osaka International Festival, Japan


09.04.2007 Osaka International Festival, Japan

Сообщений 1 страница 2 из 2

1

В рамках своего тура по Японии 9 апреля 2007 Дэвид принял участие в Международном фестиваля в Осаке, где выступил в Фестивальном зале города.

ПРОГРАММА:
Л.В. Бетховен. Концерт для скрипки с оркестром ре минор

Дирижер: Сейкио Ким (Seikyo Kim)
Осакский оркестр Century

+1

2

Судя по автопереводу, это живенький отзыв о самом мероприятии и афтепати )

https://prostfamil.exblog.jp/5867646/?f … qcE_U0yVq0

http://s8.uploads.ru/t/uOGdg.jpg

на японском

2007年 04月 10日
思いがけずのフォーマルパーティ
昨日9日は突然とんでもないホスト役を仰せつかってしまったKです。

もちろん昨日は金聖響指揮大阪センチュリー交響楽団,大阪国際フェスティバル初日の演奏会。
このフェスティバルの始まった50年前には海外トップアーティストを招聘するこのイベントは戦後の復興の象徴としての気負いもあったのでしょう。以来ずっと続いている開幕前のファンファーレと雅楽「越天楽」で賑々しくオープニングセレモニーが行われます。
c0077615_0445375.jpg

首席客員指揮者として在任5年目になるマエストロ金とはもうツーカーの仲ゆえ、彼のピリオド奏法を踏まえたうえで小気味よくベートーヴェンの序曲、協奏曲 そしてメインの第七交響曲と弾き終えました。
ギャレットは気負いの全くない見事な自然体、しかし集中力の高いベートーヴェンを聴かせてくれました。ベートーヴェンと対決格闘するかのような演奏ではなくて、がっちりとした骨太のベートーヴェンスタイルはキープしながらもそこかしこに自由な遊びが自然に入っているのです。特に二楽章では昨日のリハーサルでは全くなかった微妙なテンポの揺れがまるでアドリブを弾いているかの如くちりばめられていて一緒に弾いていて本当に楽しかった。才能ですね。
それにしても彼、Mと同い年、若い。

さて本番直前に事務局から突然頼まれパーティーに出てくれとのことで終演後ホテルの会場に移動しました。それが何とドレスコード有りの超フォーマルパーティ。
ダイニングルームへ案内される前に入った控えのカクテルパーティ会場の男性は全員タキシード。私だけがジーンズに柄シャツだったのですからね。 即座に部屋を出て廊下へ逆戻りしました。演奏会で着ていた燕尾服に着替えようかと思ったくらいです(笑)
スタッフの方が来られて出演者の方はドレスコードフリーですからどうぞお気遣いなくと言われてようやく入室。結果的にはギャレットと私の2人だけがくだけたスタイルだったのです。

おまけに座ったテーブルがギャレットやフェスティバル主催者、朝日新聞本社秋山社長、財界、海外の大使館関係の方々と同席!!  最上座。  

ドイツ語・英語織り交ぜてホスト役を必死で務めておりましたが、お陰様でちょっぴり役得。ギャレットや彼女(モデルだそうで十頭身の美人)と記念撮影までしてしまったミーハー親父Kでした。

それにしても彼のヴァイオリン、素晴らしい音でした。1718年ストラディヴァリ黄金期製作の「サン・ロレンツォ」(確か・・・)だとかでフェスティバルのような大会場に来るとその音の通りや美しさが殊更に際だっていました。 パーティの時ももちろん足下にしっかり置いていましたよ。

今日(10日) ギャレットのWebSiteを覗いていたら、彼のNew Albumのタイトルがなんと"NO DRESS CODE" by Samon Promotion,Inc.
笑ってしまいました。一昨日の突然のパーティで私Kが一番当惑したのがこの「ドレスコード」 

演奏会開演直前に彼と楽屋ですれ違ったのですが服を全く着替えていなかったので今から間に合うのかなと考えていたらなんと彼はフェスティバルの本番も練習と同じ服装のままでした。

演奏会でも"NO DRESS CODE"で通していた訳です。

ここをワンクリックして「Blogランキング」にご協力下さい。
     Danke schoen.

+2


Вы здесь » DAVID GARRETT RUSSIAN FORUM » Showcases/Festivals/Promo/Live gigs » 09.04.2007 Osaka International Festival, Japan